10月31日11月1日
  • SESSION 3
  • 09:00~10:30

子どもたちと相談支援

子どもの頃の育ちや環境は、その後の人生に大きな影響を与えていると感じます。子どもの成長に合わせた支援の取り組みについて、一緒に考えてみませんか。

“健診、診断、その前と後をどう支えるか。行政の立場から”

講師: 鹿児島市保健センター 保健師 田中みゆき 氏(鹿児島県)

“こどもと、家族を"つながりの輪"で支援する相談支援の役割とその魅力”

講師: 社会福祉法人 高和会 そうだんサポートセンターはまゆう 相談支援専門員 甲崎智之 氏(宮崎県)

コーディネーター: 佐藤太朗(実行委員)

  • SESSION 3
  • 09:00~10:30

障害のある人の芸術活動を進める。

障害のある人の芸術がアートの世界で大きな評価を得ています。また、福祉の様々な場所でも芸術活動が盛んになってきました。障害のある人の芸術活動の今をお伝えします。

講師: 交渉中

“私たちの九州で、障害のある人たちの芸術活動を広めていきたい!”

講師: 特定非営利活動法人ライフサポートはる 企画部 上田 諭 氏(佐賀県)

コーディネーター: 松田 健(実行委員)

  • CLOSING SYMPOSIUM
  • 11:45~12:15

君たちに送るエール

施設現場から厚生労働省に転身! 日本の地域生活支援を切り拓くために奮闘してきた実践と思想。現場で頑張る若手福祉従事者へのエール。

講師: 厚生労働省障害福祉課 障害福祉専門官 高原伸幸

聞き手: 水流源彦(実行委員)